ホット酢ドリンクダイエット

ホット酢ドリンクダイエットとはご存知ですか?

酢

「ホット酢ドリンクダイエット」
それは最近雑誌などにも取り上げられ注目されているダイエットの方法です。
とても簡単なダイエット方法で、大さじ1杯ほど(約15ml)の酢をホットドリンクに入れて飲むだけです。

 

酢には、血圧を下げたり血液の流れを良くする働きなどがあり、さらに、胃のぜん動運動がゆっくりになるので、糖の吸収もゆっくりになり、急激な血糖値の上昇を抑えることにもつながります。
だから、酢はダイエットに良いのです。
ホット酢にすることで、体を温めることにより、さらにダイエット効果が高まります。
ホット酢にすると、冷え性で、基礎代謝が低くエネルギー消費が少ない人でも、基礎代謝が上がり、エネルギー消費量が増え、ダイエットにつながるとも言われています。

 

ホット酢ドリンクダイエットでは、ダイエットにとどまらず、酢のもたらすさまざまなメリット、腰痛や肩こりの軽減や糖尿病の改善などの恩恵を受けられますので、健康にもつながっていきます。
ホット酢ドリンクは薬と違って、身近にある安全な「酢」を使って行うダイエット方法ですので、性別や年齢に問わず手軽にできますよね。
ただ、酢は刺激が強いため、お子さんやご高齢の方、胃の弱い方は、実際の分量よりも少なめでホット酢を作ってみるようにしてください。
ホット酢ドリンクダイエットに使用する酢は、米酢意外にもいろいろな酢があるので、お好みの酢で、ホット酢ドリンクダイエットを続けてみてください。


ホット酢ドリンクダイエットで、冷え性解消も!

黒酢のイラスト

ホット酢ドリンクダイエットは、温かい酢を飲んで行うダイエットです。
温かいものを取り入れることで代謝がアップし、カロリー消費もしやすくなります。

 

冷え性の人は代謝が悪いためカロリー消費も少なく、結果的にダイエットに結びつきにくいのです。
そんな冷え性の人には、ホット酢ドリンクダイエットをしながら、冷え性を解消していくことで、体も元気になり、ダイエットの成果も表れてくることでしょう。

 

体内の血液がドロドロしていると、血液の流れが悪くなり、冷え性につながります。
酢には血液をサラサラにする働きがありますので、血液の流れが良くなり、冷え性解消につながるのです。
特に黒酢は、血液の流れを良くするので、冷え性がなかなか治らない人は、ホット酢ドリンクダイエットに使う酢を黒酢にしてみてください。
黒酢で作ったホット酢ドリンクだと酸味が気になるという人は、黒酢と同じような効果があり、黒酢に比べると酸味が弱いもろみ酢を使ってみてもいいでしょう。

 

ホット酢ドリンクダイエットは、温かい酢を飲む方法です。
この温かい酢を飲むという方法こそが冷え性解消に役立ちます。
本来、酢は冷たいまま飲むと体を冷やす食品です。
夏場などは、冷たい酢のドリンクを飲みたくなることもあるかもしれませんが、夏場のクーラーなどからくる冷え性などもありますので、できればいつもホット酢で飲むことを続けてみてください。


ホット酢ドリンクダイエットで疲労回復にも期待大

ホット酢ドリンクダイエットは、疲労回復にも大変役立ちます。

 

ダイエットをしている方の中には、日頃の家事や育児・仕事などの疲労がたまっている人もいるでしょう。
なかなか疲れが取れないと、毎日の生活も辛くなってきますし、せっかくがんばっているダイエットもやる気がなくなってしまうかもしれません。

 

疲労は、体がエネルギー活動をすると発生する乳酸という物質が体内にたまることにより感じるので、乳酸をいかに体にためないようにするかが重要です。
乳酸を減らす方法としては、ストレッチをして血液の流れを良くしたりするなどいくつかあるのですが、実は酢も乳酸を減らすのに有効なのです。
酢には、乳酸を分解する働きをするクエン酸が含まれているため、乳酸を減らせるのです。

 

疲労を感じる原因には、乳酸以外に、体内にある酸性物質もなりえます。

 

酸性物質は、体の中でエネルギーを作るためにブドウ糖を燃焼させた際に残ったものが変化したもので、文字通り酸性で、体に溜まってしまうと、体が参加し、疲労を感じるようになっていますのです。
酢には、酸性物質をアルカリ性に変化させることができる働きがあるので、酸性物質が蓄積するのを防止します。

 

ホット酢ドリンクダイエットをしながら疲労回復も計りたいのであれば、疲労回復効果がより期待できる黒酢と、クエン酸が多く含まれているレモンを使ったホット酢ドリンクが良いでしょう。
ホット酢ドリンクダイエットをしていく中で継続的に飲みたいのであれば、あらかじめ黒酢とレモン、ハチミツで、レモンのサワー漬けを作っておけば、後はお湯で割るだけですぐ飲めるのでおすすめです。